教育訓練給付制度

佐伯栄養専門学校の栄養士科が
厚生労働省「専門実践教育訓練給付制度」の
指定講座になりました。

【教育訓練給付金】

<支給対象者>

  • ① 専門実践教育訓練の受講を開始した日に雇用保険の被保険者のうち、支給要件期間が3年以上ある方。
  • ② 受講開始日に被保険者でない方のうち、被保険者資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(適用対象期間の延長が行われた場合には最大20年以内)であり、かつ支給要件期間が3年以上ある方

<支給額>

専門実践教育訓練を受給している間と、終了した場合、下欄の額をハローワークから支給します。

専門実践教育訓練の受講中 教育訓練経費の50%
(2年間の場合上限額80万円)
専門実践教育訓練の終了後
1年以内に被保険者として
雇用された場合
教育訓練経費の70%
(2年間の場合上限額112万円)
但し、既に支給した左欄の額との差額が追加支給されます

本校の場合教育訓練給付の支給額は専門実践教育訓練の終了後1年以内に
被保険者として雇用された場合、112万円の上限額になります。

【教育訓練支援給付金】

<給付対象者>

専門実践教育訓練給付金の受給資格者のうち以下の条件を満たした方が失業状態にある場合に、訓練受講を更に支援するため、「教育訓練支援給付金」を支給します。

  • ① 一般被保険者でなくなって(離職して)から1年以内に専門実践教育訓練を開始する方であって、専門実践教育訓練給付金の受給資格があること。
  • ② 専門実践教育訓練の講座を修了する見込みがあること。
  • ③ 専門実践教育訓練の受講開始時に45歳未満であること。
  • ④ 受講する専門実践教育訓練が通信制または夜間制でないこと。
  • ⑤ 教育訓練支援給付金の受給資格確認時において一般被保険者ではないこと(離職していること)。また、一般被保険者ではなくなった後、短期雇用特例被保険者または日雇労働被保険者になっていないこと。
  • ⑥ 会社などの役員に就任していないこと(活動や報酬がない場合はハローワークでご確認ください)。
  • ⑦ 自治体の長に就任していないこと。
  • ⑧ 今回の専門実践教育訓練の受講開始日前に教育訓練支援給付金を受けたことがないこと。
  • ⑨ 教育訓練給付金を受けたことがないこと(ただし、平成26年10月1日前に教育訓練給付金を受けた方に対しては、この取扱いは適用されません)。
  • ⑩ 専門実践教育訓練の受講開始日が平成34年3月31日以前であること。
  • 等の諸条件があります。
【参考資料】

カテゴリメニュー

ページのTOPへ