CURRICULUM

栄養士科カリキュラム

CURRICULUM

  • 正統な栄養学を基軸とする豊富なカリキュラムによって、栄養士として必要十分な学識と教養を備えた人材を育成しています。
  • 多くの実習や実験を取り入れ、調理力、指導力のある栄養士を育成します。
  • 担任・副担任制をとることにより学生一人一人に細かな指導します。

1年次栄養士としての基礎知識、基礎調理を習得

栄養士の基本となる教科を中心に勉強をし土台を固めます。
また、調理力のある栄養士を育成するために3種類の調理実習を行います。

(1) 9:00~
10:30
(2) 10:40~
12:10
(3) 13:10~
14:40
(4) 14:50~
16:20
栄養学演習 基礎栄養学 中華料理
給食計画実務論 情報処理演習 基礎化学 健康管理論
体育理論・実技 解剖生理学 製菓・製パン
西洋料理実習 食品加工学
社会福祉概論 栄養学演習 英語

公衆衛生学・食品学・食品学実験・食品加工実習・食品衛生学実験・調理学・日本料理

2年次応用力を付ける学習、実践を意識した実習

1年次に学んだ知識に応用力、専門性の高い学習を行い、
大量調理や臨床の実習また校外実習などの実践を意識した実習を行います。

(1) 9:00~
10:30
(2) 10:40~
12:10
(3) 13:10~
14:40
(4) 14:50~
16:20
栄養指導論 臨床栄養学
公衆栄養学 心理学 応用調理実習
生化学 スポーツ栄養学
応用栄養学 栄養学実習
給食管理実習

生化学実験・病理学・臨床栄養学実習・栄養指導論実習・給食管理実習(校外)

選択授業(製菓・製パン)

食育にとっておやつも大切な食事、栄養補給です。また、お菓子は食べる人を幸せにします。
材料や道具の基本的知識、お菓子の基本から応用まで幅広いレパートリーを学べます。